会社情報company

Always deliver more than expected.

moobleは大阪を拠点とし、
様々な事業を展開しているベンチャー企業です。
「関わる全ての人を感動させる会社を創る。」
この理念を軸に、お客様に感動を提供し続けます。

Greeting代表挨拶

期待や想像を超え続ける

moobleは「関わる全ての人を感動させる会社を創る。」という信念の下で様々なサービスを提供しています。「関わる全ての人」には、弊社のサービスをご利用いただくお客様はもちろん、弊社の従業員も含まれます。それは、感動を提供する我々自身が日々感動を感じ、心のこもった仕事ができるからこそ、お客様により感動していただけるような最高のサービスが提供できると信じているからです。

「感動」という魂が震えるような瞬間は、期待や想像しているものを超えた時にしか感じることはできません。だから、弊社は関わる全てのお客様や従業員を大切にし、期待や想像を超え続ける会社であることをここに誓います。

代表取締役社長 八澤 龍之介

経歴

1989年3月生まれ。大阪府出身。
関西大学法学部2011年卒。高校3年生のときに「人の夢を叶える人になる。」と自分の人生のテーマを決め、起業家になることを志す。その当時、通っていた塾のオーナーに「大学生になったら塾を一つ買います。」と宣言。大学在学中にアルバイトを掛け持ちしながら資金を貯め、19歳で現在のマナビズムの前身となる学習塾を起業する。大学卒業と同時に独立し、株式会社mooble(前:株式会社smile maker)を立ち上げる。現在は教育分野を中心に、福祉や動画マーケティングの事業も開始し、さらなる飛躍を目指している。

Credo信念

信念

関わる全ての人を
感動させる会社を創る。

価値観

最高の仲間と
最高の冒険をし続ける。

存在目的

「もっとこういうものがあれば社会が良くなるはずだ」と確信できるサービスをその信念を曲げずに作り上げ、顧客にとって適正な価格で提供することで社会に貢献できる名誉ある役割を担う。

行動指針

  • Fun

    心から仕事を楽しむ

    周囲を感動させる仕事をする為には、仕事を楽しむ心が必要だ。仕事とは大人の真剣な遊びである。面白さを追求した柔軟な発想の中で、感動をもたらすアイデアが必要となる。
    遊び心を持って、面白いことを本気でやろう。

  • Team

    ONE FOR ALL ALL FOR ONE

    周囲を感動させる仕事をする為には、チームに家族のような深い絆が必要だ。一人で達成できることはたかがしれている。
    仲間と切磋琢磨し、ともに掴み取った喜びは自分一人だけで掴んだ喜びの何倍にも大きいものになる。全員と誠実に向かい合い、本音でぶつかり合い、仲間の為に無心に頑張ることで深い絆が生まれる。最高のチームで身震いするような最高の感動を生み出して行こう。

  • Change

    変わり続ける

    周囲を感動させる仕事をする為には、現状に満足せず変化し続ける必要がある。世の中が変化し前に進み続ける限り、現状維持では後退するばかりだ。固定概念に疑いを持ち、創造的破壊を繰り返す。不断の変化を繰り返し、周囲に感動を撒き散らす不変の存在であろう。

  • Quality

    情熱を込める

    周囲を感動させる仕事をする為には、溢れんばかりの情熱で仕事に取り組む必要がある。妥協から感動は決して生まれない。相手が喜ぶ姿に胸を踊らせ、細部に行き渡るまで情熱を注ぐ。そうして出来上がった仕事は、なんとなくこなした仕事とは全く違う輝きを帯びる。周囲の期待を越えた誇れる仕事をしよう。

  • Challenge

    今の自分を超える

    周囲を感動させる仕事をする為には、やれそうもないことに挑戦し続ける必要がある。挑戦とは、今の自分にはできないことに取り組むことだ。挑戦は恐れを伴うが、勇敢に立ち向かおう。到底やれそうもないことを実現させて、周囲に感動を呼び起そう。

Outline会社概要

社名 株式会社mooble
所在地 〒542-0064 大阪府大阪市中央区上汐2-4-6-211
TEL 06-6767-1616
(受付時間 10:00~18:00 土日祝・休業日を除く)
FAX 06-6767-0888
MAIL info@mooble.co.jp
創業 平成24年5月28日
資本金 10,000,000円
代表取締役 八澤 龍之介

Accessアクセス

GoogleMapで見る

求む、感動にワクワクできる人!mooble
together?

このWebサイトをご覧になって
「一緒に感動を創りたい」と感じたあなた。
一緒に働いてみませんか?
よかったら私たちについてもっと知ってみてください。
Go to Top